[バルミューダ The Toaster]はパンを焼くため だけ のトースターだった!


バルミューダ スチームオーブントースター BALMUDA The Toaster K01A-KG(ブラック)

現在の高級トースターの火付け役と言っても過言ではない「バルミューダのThe Toaster」

グッドデザイン賞に選ばれるなど、機能だけでなくデザインも評価をされています。

【基本情報】

庫内サイズ・・・幅27.4×奥行20.7×高さ17.8

重量・・・4.3kg

最大出力・・・1300W

モード・・・1、トーストモード  2、チーズトーストモード  3、フランスパンモード  4、クロワッサンモード  5、クラッシックモード(300、600、1300W)

タイマー・・・1~10分、15分

 

【デザイン】

二つのダイヤルにフラットでシンプルなデザインです。このデザインをキライと思う人は少ないかもしれないですね。一般的なトースターと比べると、やや奥行きが長く、重量も1kgほど重くなっています。ですが、置き場所を選ぶほどではありません。

ダイヤルは左側がモード切替、右側がタイマーになっています。庫内サイズは一般的でトーストが横に2枚入るサイズです。

 

【機能・性能】

トーストを焼くことやパンの温めなおし(リベイク)については、The Toasterを超える製品はないかもしれませんが、「パン以外の調理」を考えると・・・

トーストやパンのために作られたトースターと言っても過言ではありません。モード切替も5つのモード中、4つがパンのメニューです。トーストとチーズトーストが別になっていることも驚きです。温度管理の違いだと思いますが、かなり細かい温度管理がおっこなわれていると思います。スチームを使いますが、シャープのヘルシオグリエとはスチームの使い方が違うので、似ていますが別の物です。価格の違いもココにあります。

パンを入れる向きについても「頭を手前」とこだわりがあるくらいです。

 

 

 

トーストを焼くのに必要な時間は2.5~3分と一般的なトースターと変わりません。冷凍パンの場合は1~2分長く設定します。冷凍パンモードは搭載されていません。

パン以外の調理はどうかというと使い勝手が悪い部分もあります。クラッシックモードを使えば普通のトースターとして使用することは可能ですが、タイマーの設定は1~10分と15分になっており、11~14分は設定ができなくなっているので、日頃の料理にトースターを使う場合は不便を感じそうです。

お手入れについてはパーツもある程度取り合ずせて、お手入れの動画も公開されているので迷うことは少なそうです。

 

【こんな人にオススメ】

トースト好きな人、毎日トーストを食べる人にはオススメです。トーストが好きでも毎日食べない人は、価格を考えるとあまりオススメではないです。実勢価格が25,000円前後の高級トースターですので、毎日使わないともったいないですし、元を取ることができません。

「トースト好きのためのトーストを焼くためのトースター」「パン好きのためのパンを美味しくするトースター」です。トーストやパン以外の調理も可能ですが、オマケ程度と考えた方が良いかもしれません。バルミューダの公式サイトでもレシピが多数公開されていますが、ほとんどパンの料理になっています。付属品も5ccの専用カップとパンくずトレイくらいです。


バルミューダ スチームオーブントースター BALMUDA The Toaster K01A-KG(ブラック)

コメントを残す