コンベクション機能とは

コンベクションとは「対流」のとこで、内部にファンを搭載し、ファンを回すことで庫内の熱を対流させる機能のことです。庫内を均一な温度に保てるので、火の当たりが強い・弱いといったムラが発生しにくくなっています。

サイズはオーブントースターより大きく、オーブンレンジより小さいものが多く、オーブントースターより多機能な製品が多いです。製品により差はありますが、 ・ヒーターとファン使うコンベクションモード  ・上下ヒーターのみのオーブンモード  ・上ヒーターのみのグリルモード  ・下ヒーターのみのスローベークモードの切り替えが可能なものが多いです。

最近になって聞く機会が増えましたが、実は1970年代にドイツで開発された技術で意外に歴史のある家電です。

 

トースター比較表

 製品名 本体サイズ 庫内サイズ トースト枚数 ヒーター 温度調節 消費電力 重量(kg)
幅×奥行×高さ 幅×奥行×高さ
シロカ ハイブリッドオーブントースター   35.0×36.2×22.9  31.0×27.8×6.0 4枚   グラファイトヒーター(上)、ヒーター(下 2本)、コンベクション    100~280℃ 1350W   4.2 
               

※サイズは全てcm

 

記事一覧

シロカ ハイブリッドオーブントースターはイロイロできる優等生!

siroca ハイブリッドオーブントースター 特別セット ホワイト ST-G111-PL(W)   「ていねいに・うつくしく・こだわって」のシロカ(siroca)から紹介するのは、2016年11月発売の新製品【 […]

コメントなし