二つの赤外線で美味しくなるコンパクトオーブン NB-DT50


Panasonic パナソニック【NB-DT50-T】NBDT50-T コンパクトオーブン トースター ブラウン【KK9N0D18P】

 

大手メーカー パナソニックから紹介するトースターは〈コンパクトオーブン〉二つの赤外線で外はこんがり、内までしっかり加熱することができます。外サクッ、中フワッのこだわりの焼き技を詳しく見ていきましょう。

 

【基本情報】

庫内サイズ   幅26.0×奥行25.0×高さ10.5(cm)

重量・・・3.3kg

最大出力・・・1300W

モード・・・7つの自動メニュー、手動設定

タイマー・・・30秒~25分デジタルタイマー

温度設定・・・40~260℃(8段階調整)

付属品・・・もち焼き網、受け皿

 

【デザイン】

操作ボタンが下側に配置されているので、容量の割に横幅がコンパクトになっています。その分高さが5cmほど他のトースターと比較すると高いです。カラーはブラウン1色ですが、落ち着いた色合いで人気が高い製品です。

ワンタッチで操作ができる新しい感覚のトースターになっています。7つの自動メニューで火加減も時間もワンタッチで簡単に設定ができます。時間も温度もデジタル表示で非常にわかりやすいのですが、トースターという感覚は少ないかもしれません。

庫内は比較的広いですが、一度に焼ける食パンは2枚です。食パン4枚が入らなくはないですが、奥行きが少し足りないので、4枚入れるとギュウギュウになり、火の通りが悪くなりそうです。

 

【機能・性能】

上には遠赤外線と近赤外線の二つのヒーターが搭載されており、遠赤外線で外側をこんがり、近赤外線で中までしっかり加熱します。(下側ヒーターは遠赤外線のみ)トーストは自動メニューからボタン一つで焼くことができ、火加減もタイマーも設定する必要はありません。トーストボタンを2回押すと「冷凍パンモード」になるので、冷凍パンに合わせた調節を自動でしてくれる賢いヤツです。トースト好きな人には好みの焼き色があると思いますが、焼き色の調整も簡単にできるのでポイントが高いです。

近赤外線ヒーターのおかげで、カレーパンやホットサンドなど「厚みのあるパン」も外側を焦がしすぎることなく、中までしっかりと温めてくれます。当然ですが4枚切りの食パンも中までアツアツフワフワです。稼働中は庫内が比較的明るくなっているので、焼き加減が見やすくなっています。

オーブン機能については予熱なしで使うことができて、節電&時短になります。温度設定が40℃から可能でパンの発酵も可能ですが、40℃の出番は限られそうです。

 

【ここがイマイチ】

電源コードが短いです。1mしかありません。他のトースターであれば1.2mくらいはあるのですが、キッチンという置き場所が限られるところでコードが1mだと足りなくなることもありますので、事前に置き場所と電源の位置を確認していた方が良いです。トースターの性質上どうしても熱を持つので延長コードなどは使いたくないですからね。

もう一つ、7つのオートメニューの構成がイマイチで、中に「ココット」という項目がありますが、私はココットと言われてもピンッときませんでした。無理して7つにしなくても良かったかなと思うし、7つにするならグラタンとか焼きいもとかもっとわかりやすいメニューにすれば良いのになと思います。

 

【総評】

トーストに総菜パンやお惣菜の温めなおし、グリル野菜、モチなどよく使う部分をオートメニューでカバーしていることで、普段使いでは非常に使い勝手の良いトースターになっています。本格調理ができないわけではないですが、トーストから温め、簡単調理がコンパクトオーブンの力が一番発揮される場所になりそうです。

トーストだけで見ても、遠赤外線と近赤外線二つのヒーターを細かい温度調節でバランスよく制御して、こだわりの焼き上がりで美味しいトースターが毎日楽しめます。4枚切りの食パンはフワフワ感が楽しめる反面、中まで火が入ってないこともありますが、パナソニック コンパクトオーブンならしっかり中までアツアツにしてくれます。10,000円前後のトースターの中では人気が高く、パナソニック製ということで安心感もあるようです。


Panasonic パナソニック【NB-DT50-T】NBDT50-T コンパクトオーブン トースター ブラウン【KK9N0D18P】

コメントを残す