驚異の早わざ!ラッセルホブス ターボトースター

洗練されたデザインと高い技術力で良品質の評価を得ている、イギリスの家電メーカー「ラッセルホブス」が新しいトースターを送り出しました。その名も【ターボトースター】 なんと1分30秒でトーストを焼き上げてしまうという驚異の早わざ!朝の忙しい時間は1分でも無駄にできない。でも、美味しいトーストは食べたい!そんな人にはピッタリかもしれません。

【基本情報】

対応パンサイズ   横11×縦14×厚さ3(cm)

焼き上がり時間・・・約 1分30秒

焼き加減調整・・・8段階

モード・・・冷凍パン、温め直し

最大出力・・・1200W

重量・・・1.8kg

 

【デザイン】

ステンレスボディーにクロムメッキ、レバー側ではなく正面に配置されたダイヤルとボタンが特徴的です。どことなく暖房器具を思わせるスタイルは力強ささえ感じます。

正面に配置されたダイヤルは焼き加減の調整ダイヤルで8段階の調整が可能です。ダイヤル下のボタンは向かって左から冷凍パンボタン、キャンセルボタン、温めボタンになっています。個人的には間違えてしまいそうなので、キャンセルボタンは端っこの方が良かったです。

焼き加減ダイヤルの周りにはライトが配置されていて、ライトが残り時間に合わせて変化。焼き上がりまでの時間をお知らせしてくれます。

出典:http://www.oanda.co.jp/russell-hobbs

 

【機能・性能】

ポップアップトースターではハイパワーな1200W。オーブントースターにも引けを取りません。このパワフルなヒーターで焼き時間を1分30秒まで短縮。一気に過熱し、焼き上げることで中に水分を閉じ込め、外はカリッと中はふんわりとしたトーストになります。また、水分を閉じ込めるのに重要な役割りを果たしているのが「パンのミミ」ターボトースターは「スロットに食パンを入れることで、パンのミミが蓋の役割を果たし、水分を閉じ込めて焼き上げる」と説明していますが、これはポップアップトースターならどれも同じ気がしますが・・・焼き時間の短縮とパンのミミのに蓋の効果で、水分の蒸発を抑えることに成功し、湯気が出るほどのフワフワな焼き上がりになります。もちろん予熱なしで美味しいトーストになりますが、予熱を行うとさらに短時間で焼き上がります。

スライド式のパン屑トレイもあるので、メンテナンスも簡単です。ただ、使わないときの上蓋は付属していないようです。

出典:http://www.oanda.co.jp/russell-hobbs

 

【総評】

特別な機能はないですが、ハイパワーなヒーターでトーストを 約1分30秒で焼き上げてしまう驚きの早わざは魅力的です。早いだけでなく、早く焼くことで美味しくするという一石二鳥も嬉しいですね。新発売で価格はハッキリしないですが、定価は12,800円+消費税とポップアップトースターではかなり高価な部類に入ります。チョット高い気もしますが、「早く」「美味しい」トーストを焼くということにおいでは優位で、特に「早く」という点では右に出るものがいない、最速トースターです。



コメントを残す